トップ / 月極駐車場の基礎を考える

月極駐車場の話を聞く

月極駐車場の基礎を考える

月極駐車場での違法行為対策

月極駐車場での違法駐車における対策でいろいろな文言を明記した看板が見受けられますが、効果的なものとして「契約者以外立ち入り禁止」という看板をつけることで一定の効果が考えられます。この文言をつけることで契約者以外の者が月極駐車場に侵入した場合に、軽犯罪法第1条32号に該当して警察に告訴をすることができます。ちなみにこの第1条32号とは、第1条:左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。32号:入ることを禁じた場所又は他人の田畑な正当な理由がなくて入つた者とあり、この内容を示すことでさらに対策効果のアップも見込むことができます。

違法に駐車する相手に対抗する

公道ではない場所で違法に車が停まっていても、それだけで公的機関が即座に動き出してくれません。数多くの証拠を揃えても聞き流されてしまうのが関の山なので、独力で対抗する手段を実践します。違法な行為者を月極駐車場で改心させる初歩の段階には、多大なる忍耐力が必要です。当該車両が発進して真っ先に到達する地点で待ち構えておき、車両の持ち主が到着するまでその場から動いてはなりません。無理に発進しようものなら、月極駐車場の中で人身事故の発生を誘発させようと試みます。実際に衝突にいたらなくても、同じ状況を回避したい相手は二度と停車しなくなります。

月極駐車場の深い情報

↑PAGE TOP

Copyright © 月極駐車場を基礎から学ぶ. All rights reserved.